古銭買取の選び方

変遷した中国古銭のデザイン

変遷した中国古銭のデザイン

変遷した中国古銭のデザイン 中国は4000年の長い歴史を持つ国です。中国では早くから文明が発達し、古代から貨幣が鋳造・取引されていたことから、現在でも中国古銭の価値は高くその人気は根強いです。新しい王や政府が誕生するたびに貨幣は作り直されていたことから、デザインも豊富で、その違いをみるだけで時代の変遷を感じることができます。
中華街などに行くと、古い貨幣がお土産や縁起物で売られていることがよくあります。中国では貨幣によく見られる四角い穴の開いた円の形はとても縁起が良いとされています。前者は地上を後者は天界を表し、世界中のパワーがそれをもつものに集まると考えられているのです。
また、五行思想によると、貨幣などの金属は、勝気を高めて不運や病気をよせつけない力をもつと考えられていました。中国古銭は形状もつくられた時代によってデザインが微妙に異なります。そして清の時代の10人の皇帝によって発行された十帝古銭は特に価値があり、高値で取引されています。十帝古銭には雍正通寶や乾隆通寶などがあり世界中にコレクターがいます。

中国古銭はしっかりとした鑑定士の資格を持った人に鑑定してもらうべき

中国古銭はしっかりとした鑑定士の資格を持った人に鑑定してもらうべき 中国古銭はしっかりとした鑑定士の資格を持った人に鑑定してもらうべきです。理由は模造品がいくらでもあるからで、中国は常にこの模造品との戦いの歴史だったと言っても良いかもしれません。今でも中国というと違法コピーの王国のような事になっていますから、中国古銭などもそのほとんどは模造品といっても良いかもしれません。何しろその技術が進化しすぎて、正規のお金よりも模造品の方が技術的に優れている事があったと言われることもあるぐらいです。
ですから、基本的に中国古銭を扱う時には信用できる鑑定士の方に見てもらわなければならないと考えた方が良いでしょう。偽物に踊らされると時間がもったいない事になってしまいます。基本的に偽物には価値はありませんから、それまでとんでもない価値があると思っていたものが、無価値であったという時の落ち込み方は半端な事ではありません。それまでの苦労が全て水泡に帰すという事を忘れてはなりません。

新着情報

◎2018/9/10

サイト公開しました

「古銭 歴史」
に関連するツイート
Twitter

自分の趣味は、いろんな物が複雑に絡み合っている。 歴史古銭、マジック、星 どれも大事にしたい趣味である。

2/18(日)まで 古銭研究の愉しみ 造幣博物館 二人の天才─葛飾北斎・月岡芳年─ 大阪浮世絵美術館 作家の道へ 司馬遼太郎記念館 未来につなぐ日本画展 松柏美術館 やまと絵のこころ 大和文華館 古銭・古札を楽しむ 兵庫県立歴史博物館 PLUTO展 手塚治虫記念館 (続

こいつは完全な偽物なのにPCGSはスラブ化してしまったPCGSにとって黒歴史の一枚ですね。 貿易銀 明治10年 27.16グラム 1円銀貨 大日本 一円銀貨 古銭

寛永通宝…古銭に書いてある字が見える慧くんと見えない城島リーダー😂 歴史の教科書で見たことあるやつだ!

姫路市にある兵庫県立歴史博物館さんでは、開館40周年記念展「古銭・古札を楽しむー館蔵・寄託のコレクションから」を開催されています。金貨の大判小判などはなかなか見ることもないので貴重ではないでしょうか。すぐそばに姫路城もあるのでそちらも回れますね。